ホーム>シューティングスターズブログ

シューティングスターズブログ

改革~U15(中学生)までに必要なこと。

③改革~U15(中学生)までに必要なこと。

 皆さん、2回の連載を見て、世界バスケの予選に少しは興味を持ってくれましたか?現在どうなっているかご存知の方は?せめてバスケットボール競技に関係している方の80パーセントは知らないと…日本のバスケットボール文化は変わりませんよね(涙)。

現在の最新情報だと、9位決定戦で香港と対戦して勝利し、アジア9位で予選を終了したようです。ちなみにベスト4はフィリピン・韓国・イラン・台湾です…って皆さん何かおかしいと気づきませんか?そうです、中国が台湾に準々決勝で負けたのです。

時代は変わりつつあるということでしょうか…日本はのり遅れてないか心配です。

 今回のアジアの現状を含め、「U15までにに必要なこと」は何でしょうか?皆さんおわかりだと思いますが、なんといっても必要なのは「個人スキル」です。日本協会が行っているエンデバー活動やエンデバードリルなどは皆さん行わせていますか?

伊藤が思うにはU15までの世代にはとっても大切なものだと思います。悪い例ですが、指導者が「そんなドリルをやってもしょうがない…走れば勝てる!」なんて聞いたことはありませんか?走れば勝てるは日本のバスケットボール界の悪しき言い伝えだと伊藤は思っています。

走ることはもちろん必須です。しかし、走るバスケットボールで勝ち抜いている国はありますか?それが答えだと思います。レベルが上がればあがるほど、走らせてもらえない(ファーストブレイクが出せない)のが現状です。

 それではU15までになにをやればいいのか?それは「バスケットボールの基本(心技体)を徹底的に身につける」ことだと思います。

基本はたくさんありますが、ポイントをしぼって言わせていただくと「1対1の攻守の技術」試合形式だと「マンツーマンでの攻守を身につける」ことだと思います。今回のアジア予選の日本代表をTVで見ていると、攻守ともに1対1の弱さが目立ちます。もしかすると…日本人は1対1ではどうせかなわないのだからと言われて、チームでの攻守ばかりやってきたのかもしれません。代表選手たちの成長過程でも「あのチームにはかなわないからチームで…」と育ってきたかもしれないですね。もちろんチームでの攻守は必要です。

サッカーの本田圭佑選手の言葉で「チームワークなんて日本人は生まれた時から持っているもの。最後の勝負は『個』です!」皆さんも何度も聞いたことがありますよね。これが答えだと思います。サッカーは20年前にプロ化をしました。年月は経過し、何度も世界レベルに達するためにサッカー界全体としてチャレンジして…本田選手のような言葉が出てきたのだと思います。

 日本のバスケットボールも今年度から「NBL」として本格的にトップリーグが始まります(残念ながら2つのプロリーグを統一まではいきませんでしたが(涙)…)。まずは日本の子供たちに夢を与えるスポーツになるように皆で発展させていきましょう!そして、U15までに1対1とマンツーマンの攻守を徹底的に身につけさせ、世界で通用する『個』を育てていきましょう!日本のバスケットボールの明るい未来のためです。直ぐには世界進出というわけにはいかないと思いますが、みんなで協力してやっていきましょう!

3日間ありがとうございました。

大石中学校 伊藤裕一

20158422590.jpg

母校~京北高校インターハイ優勝!

②母校~京北高校インターハイ優勝!

 母校、京北高校の40年ぶり2回目のインターハイ優勝です!伊藤も急遽、日帰りで田渡兄弟と一緒に別府まで応援に行ってきました。

校長先生をはじめ学校関係者、保護者、バスケットボール部OBで応援席は満員でした。

JSPORTSで皆さんも見たことだと思いますが、4p18点つけたところでの田渡監督の応援席にむけてのガッツポーズは私は一生忘れることができないと思います。
40年ぶりと書きましたが…実は40年前優勝した時の主将は田渡監督なんです。40年間京北高校バスケットボール部が一生懸命獲得しようと頑張ってきましたが、なかなか念願かなわず…2013年8月3日ついにやってくれました!(涙)

 京北高校のバスケットボールスタイルは皆さんご存知のとおり「Run and Gun」です。今大会伊藤は3試合(VS福岡第一、洛南、藤枝明誠)と観戦しましたが、一番特徴的だなと思ったことは5人が得点をとり、誰がエースなのかわからなかったことだと思います。

④⑤⑥⑦⑩とその試合ごとにスコアリングリーダーが変わり、相手チームも的を絞って守ることができなかったと思います。

2つめは外国人留学生を全く気にしないで攻撃ができるということです。東京都のH高校のおかげなのか、留学生のわきを気にせずレイアップに行く姿は圧巻でした。

3つ目はリバウンドからのファーストブレイクの得点成功率が高いことです。京北伝統のドライブからのあわせのプレー…芸術的と言っても過言でないほど観客を魅了するプレーを連発していました。

 伊藤個人の意見としては「京北中学校~京北高校」での鍛えられかたも勝因のひとつだと思います。

少し解説させていただきますと、京北中学校では徹底的に1対1を仕込まれます。特にファーストブレイクでの1対1のフィニッシュの場面なんかは特徴的で、ほぼ全員がフェイントとステップワークを駆使してレイアップシュートで得点をしていきます。

セットオフェンスでも、1対1でかわすことは当然ですが、中途半端なカバーリングは、ほぼ効果がなく破壊されます。伊藤の話で申し訳ありませんが、京北中学校と試合をするときによく使う言葉は「カバーリングは隙間をあけるな!」といってもよくやられています(笑)。

そして京北高校にあがり、U18に必要な基本を大切にした「バスケットボール」を徹底的に仕込まれます。皆さんも見てわかると思いますが、難しいセットプレーや難解なゾーンディフェンスなどは、ほとんど行いません。基本に忠実なマンツーマンディフェンスから伝統のファーストブレイク、そして観客を魅了する「あわせ」のプレー…U18までに必要なスキルを徹底的に身に着けさせた結果がインターハイ優勝につながったのだと思います。

 母校のインターハイ優勝…本当に嬉しくて、感動して応援席で泣きました!!!!このような経験をさせてくれた現役の選手たちや田渡監督をはじめとするスタッフ、選手の保護者、京北高校バスケットボール部のOBたちに心から感謝しています。

大石中学校 伊藤裕一

 

夢~男子バスケットボールのオリンピック出場!

上尾市立大石中学校の伊藤裕一です。今回はシューティングスターズさんに企業体験研修ということで3日間お世話になることになりました。

最初に頂いた仕事がblogの書き込みでしたので、3回にわけて書かせて頂きます。内容は以下のとおりです。

①夢~男子バスケットボールのオリンピック出場!
②母校~京北高校インターハイ優勝!
③改革~U15(中学生)までに必要なこと。

3回にわけて書かせて頂きます。よろしくお願いします。

8月8日㈭
①夢~男子バスケットボールのオリンピック出場!

皆さんは大石中学校バスケットボール部のロゴをご存知ですか?伊藤は日本の男子バスケットボールが「世界に通用しないことはない!」(ロゴにも英語で記載)と思っています。

最近の皆さんのバスケットボールの話題は何ですか?インターハイのこと?関東中学のこと?全国中学のこと?国体のこと?現在一番話題にしなくてはいけないことは…男子日本代表が世界バスケアジア予選をフィリピンで行っていることです!昨日のヨルダン戦…負ければ9位以下確定の試合で惜敗。世界バスケの夢はなくなりました(涙)

終わったことにコメントすることは必要ないと思います。これからの日本のバスケットボールを発展させ、世界レベル・オリンピック出場までもっていくことを、皆で考えていけばいいのではないかと思っています。そのための、伊藤の持っている1つの答えは「日本代表を皆で応援する文化」を作っていくことだと思っています。もしサッカー・野球がアジア予選だったら…日本全体がどうなっていたかは皆さんも想像がつくかと思います。

「それじゃ日本一になれないぞ!」という言葉は全く必要ありません。「それじゃ世界に通用しないんだよ!」という言葉でバスケットボールを発展させていきましょう!

初日はこれで終わりです。また明日②を書きたいと思います。


大石中学校 伊藤裕一

201584225711.jpg

ページ上部へ